BLOG

幸手には肩関節周囲炎に不思議な施術をする整体院がありました

2019/01/15
玉牡丹と言う寒梅の花

先週、北川辺道の駅で購入しました寒梅、玉牡丹と言う梅の花が咲きました。

花びらが薄いクリーム色で一つ一つの花が大きく花びらも八重咲かな?と思う位に沢山つけています。

カワ(・∀・)イイ!!梅の花です

樹木に詳しい方にこの写真を送信しました所「青軸性の梅かな?」「いや野梅性かな?」と初めて聞く言葉がポンポン送られてきました。

❓❓❓・・・

慌ててググりました(-_-;)

梅の花って紅梅と白梅、梅干しに使っている南高梅くらいしか知らなかったものですからいやはやこんなに種類があるものとはびっくりしています。

樹木博士が教えてくれた言葉で一つ世界が広がりました。

知らない世界を覗くときはいつもドキドキッです、🌸を楽しむ梅と実を利用する梅と違う事も知りました(花が終わったら実はなるものと信じて疑わなかった私です・・・この玉牡丹はお花を楽しむ梅の様です)

梅の区分の仕方を教えて貰いました、ちょこっとお伝えしたくなりました。

「花梅(はなうめ)」と「実梅(みうめ」に園芸学的に分類し花梅は「3系列9性」に分類されます

「花梅」は野梅系(やばいけい) 緋梅系(ひばいけい) 豊後系(ぶんごけい)の3つの系列になるようです。

今回購入しました玉牡丹は野梅系 野梅性(やばいしょう)か青軸性(あおじくしょう)ではないかとの事。

野梅系には野梅性、難波(なにわ)性、紅筆(べにふで)性、青軸性(あおじくしょう)の4つの性があります

緋梅系には紅梅(紅梅)性、緋梅性、唐梅性(とうばいしょう)の3つの性があります

豊後系には豊後性(ぶんごしょう)、杏性(あんずしょう)の2つの性があります。

これで3系列9性になるそうです。

一つづつ花を比べればこんなに差があるのか❓❓とびっくりです。

明日図書館で植物図鑑を借りてこようと思います。

  美味しい梅が生る木を調べます!