BLOG

幸手にご家族介護に疲れた方に癒し整体院があります

2019/01/16
ロゴ

異常乾燥注意報が連日出されています。

喉をやられた方、マスクは着用していますか?使い捨てのマスクで良いのです、喉と鼻の奥の保湿に効果が大きいマスクです。風邪を引いてしまった時だけでなくちょっと喉の奥が渇くな?と思ったらマスクを使ってみませんか?

3年間ご自宅で母親を介護され天国へお送りになった70歳の女性とお話ししました。

おひとりで最後まで介護されたお話にただただ頭が下がりました。

どれくらいお疲れになった事でしょう・・・・

介護をされたおばあちゃんは97歳で旅立たれました。

記憶はしっかりしていて最後まで普通の会話が楽しめたそうです。腎臓機能が宜しくなかったため2日に1度の人工透析を受けて居た事、数年前に転倒し足が不自由になり車いすでの生活だったためトイレが自力では済ませられなかったそうです。

人間の一番の尊厳が排泄です。

トイレに自分で行こうと言う気持ちがあれば時間を丁寧に使えるのだそうです。

97歳おばあちゃんはベッドの横にポータブルトイレを設置し娘さんの力を借りて昼間はご自身で排泄を頑張ったそうです。

夜は娘さんを起こしと可哀想だからと自分から紙おむつを用意してねと頼んだと聞いた時にもの凄く切なくなってしまい涙が溢れて仕舞いました😢😢😢

紙おむつを使わなければならなくなった時にはほとんどが記憶障害が出ています。その方がご本人にとっては幸せなのかもしれません・・・

97歳のおばあちゃんはしっかりされていました、紙おむつを使う事は悲しかった事と思います。

お世話をする娘さんに最後まで「すまないね、ごめんね」と言い続けたと伺いました😢

70歳の女性から沢山の介護のヒントを頂きました( ^ω^)

私の母83歳おばばは要介護2です。短期記憶が難しい状態で1分前の事がストーンと無くなってしまいます。そのために同じことを何度も繰り返し尋ねる事が多く4回目までは聞けてもそれ以上になると段々私の怒鳴り声が大きくなって来ます、10回目になると【だから・・・(# ゚Д゚)】と雷が落ちます。

雷を落とされても直ぐに忘れてしまうおばばはまた同じことを繰り返します・・・

先月までは一人で出来た着替えがここ数週間難しくなって来ました。

下着からシャツ、セーター、タイツ、ズボン靴下・・・・

順番に着て行けば出来上がる様に並べておくのですが今まではその順番を守って着る事が出来ていましたが今は気になる服があればそこに一番に手が行きます、そうなるともう(-_-;)カオス状態・・・

パニックになればなるほど次の行動が判らなくなるおばばです😢

その事を97歳のおばあちゃんを介護された女性に話しました所/(^o^)\

平積みにしてごらんなさい! とアドバイスを貰いました。

選ぶ対象があれば恒例の方は迷うんだそうです、着るもの全部が眼に入れば気になる物に手が行くのは当然で立てに積み上げて置けば考える事なく順番に着て行く事が出来るんだそうです。

👀からウロコでした。明日の朝やってみます!

認知機能が低下してくると選ぶことに使うエネルギーはとても大きく一枚の服を選ぶだけでガックリ来るほど疲れると言う事を初めて知りまして。

認知症介護の本を何冊読んでも判らない事が介護を経験されてきた方の一言に沢山のポイントがある事を今日お話をして強く感じました。

「御茶を楽しむときに小さなお盆にお茶菓子と茶たくに乗せたお茶を出してあげると喜ぶわよ」

夕飯後早速やってみました、小さなお盆に茶たくに乗せたお茶と小さな和菓子。

眼をキラキラさせて凄い喜びようの母でした。

晩御飯を食べた事はすっかり忘れたのにこの御茶セットしっかり覚えたまま布団に入ってくれました。

良い夢を見てくれそうです。