BLOG

幸手も春めきました、春めき整体あります

2019/03/12
ロゴ

今日は暖かな一日でした☀

ダウンジャケットを着て郵便ポストまで歩きましたが汗💦をかくくらいでした。一雨ごとに春が近づくってこの事なんだなぁ~、と思います。

ご近所様からサニーレタスを頂きました、お庭で育てたサニーレタスだそうですが立派です、産直(採れたて)を頂きました、そのまま夕飯の一品料理に変身!柔らかくてほんのりした苦みが春の味です。

ご飯を包んでサニーレタス巻きを楽しみましたcheeky

 

GKNN-BOOKS 師匠の為になる話を今日もお伝えします。

『体のバランス』 

ひとは皆、無意識に身体のバランスをとっています。

バランスには様々なものがあります。

例えば

スポーツ中に足首をグネりそうになるが回避する。

電車に揺られて立つ。これもバランスですね。

身体の中では

体液のpHを保つ

腸内フローラを保つ

血糖値を保つ

血圧を保つ

体温を保つ

人間は生きて行く上で外因的、内因的に様々なバランスを保ち健康状態を維持しています。

そのバランスを崩すと不調をきたします。

バランスを崩す三大要素は『気圧、感情、食事』です。

では気圧はどうでしょうか?

自然には逆らえません。

感情はどうでしょうか?生活スタイル、ストレスの状況下を変えて行けば何とか解決できるのではないでしょうか。

食事はどうでしょうか?

努力次第で誰でもバランスをとることは可能です。

添加物や化学物質、糖質をなるべく避ける。

果実や種子などエネルギーに満ち溢れたものを食べる。

緑黄色野菜を積極的に食べる。

健康補助食品など足りない栄養素を補う。

等々方法はたくさんあります。

しかし見落としがちな重要ポイントが1つあります。

それは体に合わない食材を見極める。

例を挙げると

お食事中の方スミマセン。。

毎朝快便だがケーキを食べると下痢をしてしまう。

前日、揚げ物を食べ過ぎると翌朝必ず胃がモタれる。

私は辛い物が大好きなのですが、翌朝下痢を起こします。

などなど誰でも1つはこういった例があると思います。

そこに気づくことが重要です。

そのためには常に自分の体と対話する事です。

常日頃から自分の身体の状態の変化を気に留めておくだけでも良いと思います。

その積み重ねが身体に合わない何かに気がつくはずです。

以上語録抜粋

何でも食べられたならこんなに素晴らし事はありません、でも身体が受け付けない物があるとしたなら無理に食べてはいけないと言う事なんです。

世間が身体によいと言っても口にした途端に吐き出したい物はありませんか?

84歳おばばはとても食べ物の好き嫌いがあります、それなのに健康診断ではトリプルAです。

私は殆ど好き嫌いはありません、なのに評価はD…😢

身体に良いからと言う世間の情報に無理して摂食している所が多々ありました、これはおばばを見ていて反省させられます。

食べたい物が必要なもの・・・そうなのかもしれません。

お腹が空いたと良きに何が一番食べたいか?ちょっと体に問て見ませんか?

一番食べたい物=必要なものですwink