BLOG

雹が降りました幸手、急に寒くなりました

2019/05/05
ロゴ

カランカランという金属音にビックリした午後3時。

雹が降りました幸手です😲

雹が降り始めたならどうすればよいのでしょう❓❓

車を屋根のある車庫に移動して昨日植えた胡瓜の苗とトマトの苗の上に傘を広げて後は雹が止んでくれることを待つ以外に何もできない自分でした。

幸手から2キロ離れた所に住む方は「雹?」「うちの方は降っていないよ」と道路に残った雹の残骸を見て不思議そうに首を傾げこんなに近くでも東リ道があるのかね?と仰っていた昼間です。

 

何年かに一度幸手は雹が降ります。

5年前、鶏卵くらいの大きさの雹が降り屋外駐車場に止めてあった車は凹凸が出来た雹被害が出た事があります、その時の記憶が一番に車移動を私にさせたのかもしれません。

わずか10分足らずの降雹でしたが・・・私の家庭菜園は全滅です😢

胡瓜もトマトも種から芽出しして可愛いサイズで地植えしたところでした、後2日待てばよかったと悲しいです・・・

明日、野菜苗を買いに行って来ます。

今年は種から育てようと力が入っていました、それだけにショック大きいです😢

自然のなせる事ならば仕方ないと諦めます、でももしこの自然災害がアメリカの陰謀だったなら(推理小説の読み過ぎ(笑))

 

私は許しません(# ゚Д゚)

そうなんです・・・日本人は自然が起こした災害は受け入れられる民族なんだそうです。

縄文時代から農耕を生活の基盤としたときから自然には逆らえないという事をDNAに組み込んで来たんだそうです。

自然に感謝し崇め奉り背く事は決してしなかった民族になったそうです。

未曾有の大災害、東日本大震災ですら日本の人は受け入れ消化し立ち直りました。

「自然には寛大な気持ちで寄り添える日本の人は凄いおおらかな民族なんですね」インドから来た友達が言葉にしました一言が今日は何故かリフレイン状態で私の頭を駆け巡っています・・・

 

明日は野菜苗を再植え付けしますwink