BLOG

黎明の幸手は寒いです、でも日中は暑い❣

2019/05/13
ロゴ

明け方の病院はどうしてこれほど寒いんでしょうか?

病院という場所がそう感じさせるのか、早朝という時間が感じさせるのか・・・

午前五時前はあまり起き出していることは無い自分です。

5月半ばでもまだ初夏という気候でないように感じました。

胆嚢摘出術を受けた後順調な回復でした84歳おばばが、ここにきて胆管切除部分に炎症が起きそれに伴って肝機能の低下、炎症に伴う痛みが起きてしまいました😢

一昨日よりは状態は良くなっている数値なのですが痛みがなかなか引いてくれず自分の状態を理解できない母、痛みに理由が判らなければ恐怖心が先に立ちパニックになってしまいます。

慌てれば慌てるほど痛みは増長しますのが人間の身体です。

ショック症状にならないうちに救急外来に駆け込む日が続いています次第です。

今夜はいつもより落ち着いていますので無事に朝を迎えられると良いなと思います。

昔・・・命の瀬戸際に立たされた患者さんをICUの前の椅子に座って経過を待ったことを思い出しました。

時計の秒針が刻む音が耳に残った事。

朝が来ることをどれくらい待ち侘びたか・・・

朝が迎えられたら助かる、そう周りの者は信じ込み時間の経過を見守りました。

病院で夜を過ごす事は苦しいです・・・😢

おばばは点滴が済めば変える事が許される軽症患者です、それでも救急車が病院に着くたびにご家族を思い慌てているご家族の姿を目にします時「どうか助かってくれます様に」と祈らずにはいられません。

痛むところが無く自宅のお布団で眠りにつけて自分の布団で目が覚める事が出来るのは最高の幸せなんだと今まで見過ごしてきた幸福を今回の夜中急患おばばを通して思います。

明日の朝までどうか痛みが来ません様に・・・

おやすみなさい🌃