BLOG

幸手。熱中症患者続出?

2019/05/26
ロゴ

今日の暑さは厳しかったです。日中部屋のエアコンを使いました(27度設定)

84歳おばばはエアコンをつける前汗をかいているのに「なんだか寒い気がする」とカーディガンを羽織ろうとしていました・・・

これが高齢者が熱中症になる原因なんだなぁ…😢目のあたりにして悲しくなりました。

誰も看ていてくれる人が居なければセーターまで着だしそうな勢いだった母の姿を見て体感温度と実際気温の乖離が大きすぎる事、何を基準に寒い暑いを高齢者は決めるのか?

文字盤の大きな寒暖計を見せても今が30度を超している暑さなんだという事が理解できないんです。

五月であるんだから暑いはずはない!そう思い込んでしまったなら寒くさえ感じるものなのかと頭を抱えたくなりました。

1時間に50㏄は最低でも水分補給をさせたい物と言われています、自分からお水を飲もうとしなくなるのが高齢者?

御茶とお茶菓子が出てくればそれじゃあお茶にしましょうか!となりますが自分でコップに水を灌ぐという事は難しい様です。

我が家ではタイマーをかけてアラームが鳴るたびにお水タイムを設けました。

カフェインの入ったものは緑茶、コーヒー、紅茶全て利尿作用がありますから飲んだ量より排尿量の方が多くなります。

色、味の付いた水分を取った時には必ず少量で良いですから水を飲ませる様にして下さい。

日本茶をたくさん飲んでいるから大丈夫!と豪語されていた方が慢性的脱水症状だった報告がこの所多い様です。

就寝前と起床時のコップ1杯のお水は命水と申します。

高齢者に限った事ではありません、一口の水が命を救ってくれる事があります事を覚えておいて欲しいなと思います。