BLOG

幸手市の住民税納付書来る

2019/06/10
ロゴ

6月の風物詩、住民税の納付書が届きました・・・

毎年ながらこの時期はちょっと憂鬱です。巷では泣きのニ八と言われますが私の場合6月8月2月が

まとまって福沢諭吉さんが飛び去ります。 待って~・・・と後を追う夢を必ず見るこの6月もう少し考えて支払時期を組み立てれば良かったと後悔しても仕方ない。

今月支払わなくても後にこの思いが順送りになるだけですから。

今月を乗り越える事だけに専念します。

住民税に格差がある事を知ったのは浦和市に住んだ時でした、幸手➡浦和➡幸手

この簡に収めた住民税に収入金額がほぼ同じなのに何で大きく金額差が生じるのか?

後で知ったその市町村の財政状態が住民税の金額に現れるんだそうです。

住民税低い➡財政が豊か

住民税高い➡➡財政厳しい

幸手市は財源がこれと言ったものがないんだとその後知りました、住民税が大切な市の財源です。払えるだけ収入が有るからと納税担当者から何かの時に聞いた事がありました。

日本は一番下か一番上だけが特権をフルに使える階級で真ん中に位置する階級が一番苦しいんだよ、と有名な方が話していたことを思い出し変に納得しています。

今月を乗り切れば後は何とかなる!

この言葉を胸にあと残り20日間生き延びます!

本日84歳おばばは歯が痛くなり夕方と書くのは医者さんで診てもらいました。

歯磨きが上手く出来ていないための虫歯が出来ていました。

就寝前おばばの横について歯磨きを見守って来たのですがこれだけでは不十分の時期に入ったようです。仕上げ磨きと言って最後のチェックとおばばの手に私の手を添えて一緒に歯磨きをする事を本日指導して貰いました。

歯医者さんの前では素直な良いおばば何ですが…😢

私と二人の歯磨きタイムは嫌!なんだそうです。今夜は意地焼けて私めがけて歯ブラシを投げてきました(# ゚Д゚)爆発。

少し前まではこんなに感情をあらわにする母ではなかったんですけれど・・・今日はきっと歯が痛くてイライラしていたんだろうという事で

お終いにしました。

2歳児を育てる感覚で接して下さいと歯医者さんから言われても、子供を育てた事のない私には毎日が未知との遭遇状態。

痛い所がおばば無い事をひたすら祈りながら晩御飯をおばばと一緒に取りました。

早く歯の痛みから全面解除して貰える母で居て欲しいと思います🙇