BLOG

幸手は地震の影響ありませんでした

2019/06/19
ロゴ

山形、新潟沖でM6,5の地震が起きました。

被災地の皆様の無事を祈ります🙇

スマホの災害アラームが鳴りました時84歳おばばはパニックです😢

大きな機械音には敏感に反応するのも病気の特徴です。

後ろから抱きかかえて落ち着かせます事が一番良いことをここ数回の地震アラームから勉強しました、揺れがあまり感じなかったことが幸運でした。

地震は怖いです。

先日埼玉県防災学習センターで体験学習できたことに感謝しました。

対応を知識としてインプットされているのとまったく何も知らずに居るのとはでは大きく違います。

大きな地震の時には2階にいた方が生存率は高いことを教えて貰えた事(我が家は二階が寝室)、母に説得するにしてもきちんと伝えられました事良かったです。

患者さんのお母様(89歳)が今朝突然に亡くなりました😢

動脈瘤乖離で一瞬だったそうです。

昨晩まで元気でいつもと変わりなくお過ごしだっただけに亡くなった事を受け止められずにいらっしゃると思いました。

大切な人との別れは人生で一番に辛いです。

もう会えなくなる寂しさは悲しくて辛くて涙が止まってくれる時は来るのかと思う位に後から後から溢れてくる涙の量に驚きます。

思いっきり泣いて下さい…😢

涙が枯れるまで泣いて下さい…😢

泣く事で今を見つめられる時が必ず来ます。

それまではお母さまの思い出を一つ一つ思い出して磨き上げて下さい。

全ての思い出が優しさに感じるまで涙を流してください。

明日は今日より少しだけ涙の量が落ち着きます。

一日、一週間、一ヶ月・・・

四十九日が来る頃に少しだけ悲しみが変わってくれたことを感じる事が出来たならきっと楽になれるから・・・

それまで思いっきり泣いて下さい。

地位も立場もそんなことはどうでもいいから唯々天国に旅立たれた方を思って下さい。

泣くことが出来るのが悲しみ回復の証になります。

大切な人との別れは誰にも起こり得て避ける事が出来ない修行なんだと父が亡くなった時にお坊さんが話してくれました。今この言葉をお伝えします。

合掌