BLOG

幸手で小さい秋を見つけました

2019/08/31
白いキノコが生えていました

八月最期の一日は昨日の雨がもたらしたプレゼント? 白いキノコを見つけました(≧▽≦)

名前の解らないキノコですので食べる事はしません(でも食べたらおいしそう)

地面からニョキニョキ・・という感じで生えていましたそのキノコは人の通る道端です、どんなところにでも生命は生まれる❓

キノコと言えば栃木県の日光にはチタケという夏の暑い時期だけにとれるキノコがあります。

うどんやそばの汁にして頂くと美味しいキノコです、子供の頃はこの独特な香りが苦手で出来れば寄り付きたくなかった私でした。

何時頃からでしょう、その嫌だった香りが妙に懐かしく食べたいなぁ~、と思う様になったのは・・・

歳を重ねると何でも食べられるようになるのは残りの時間が少なくなるからと聞いた事があります、その通りでしょうか?

道に駅で運良く見つけた時にはつい購入してしまう自分、年を取ったなぁ~と苦笑いしています(∀`*ゞ)エヘヘ

84歳おばばは山菜類が大の苦手(山の中で育ったから一生分食べた、と本人の弁)

普通の高齢者が好むようなあっさり系の献立では満足してくれないのが悩みです(とにかくお肉がないとごはんにならない❣)

これから食べ物の美味しくなる季節です、おばばの好みと私の好みは180度の違いがあるのですがお互いが何でも食べよう! を合言葉にして美味しいもの探索出来たなら良いなと思います。

昨年までは好きではなかったカボチャの煮つけを今年は美味しいとしっかり食べてくれるようになったおばば、偉いぞ!と褒めた所・・・貪るように食べております( ;∀;)