BLOG

幸手、香日向地区、蚊が異常発生

2020/06/23
ロゴ

梅雨時期は害虫の季節でもあります。香日向疲労回復センターの香日向地区は年間数回樹木消毒が幸手市によって施されるのですが今年は7月中旬に決まりました。(例年6月中旬)消毒がされませんと毛虫🐛ヤブ蚊、ゴキブリまでも多くなるんです・・・😢

気温が低い時には気付かなかったのですが今日は夕方から蒸し暑くなりました、ルーチンワークの夕方散歩のときに公園に入ったとたん85歳おばば蚊に刺され始め慌てて家に戻りました。

虫除けスプレーはまだ大丈夫だろうとタカをくくって居ました(反省)

85歳おばばは蚊に刺されやすい体質みたいで私は1か所も刺されなくてもおばばは10数か所刺されます。刺された跡をかきむしってしまいますのでこれが化膿すると面倒なことになるんです。

慌ててキンカンを塗り保冷剤を当てて痒みをごまかさなくてはいけません・・・

緑が多い事は自然の害虫とも共存しなくてはいけないと言う事なんだなぁ~・・

香日向地区は伊藤忠商事の大型分譲です、緑道、街路樹、公園等樹木は他の場所に比べて多いと思います。それだけに自治会を始め幸手市市役所の消毒活動が必要になつていたんだとコロナ自粛生活で初めて気がつきました。

文化的生活は便利で快適です、その快適さを手に入れるためには費用もかかると言う事をよくわかって居ませんでした。

便利さはお金で買うものですよ~❣ 数日前に耳にした言葉を思い出しましたindecision