BLOG

その時起きた事が自分にとって丁度良い?

2020/08/06
ロゴ

何時も穏やかな方がいます。今まで一度も怒った顔を見た事がありません、物事を達観していると言ったなら良いのでしょうか?

其の方のように・・・とまではいかなくても感情に振り回されないで日々を過ごせたなら良いなぁ~❣と思います。

先月からお願いしていた事案をほんじつ「家族から引き受けないように言われた」とキャンセルの連絡が有り慌てた自分です。

キャンセルしてくるならなぜもっと早くに連絡をくれないんだろう❓と内心(-_-メ)💢

明日の用事だったのに・・・😢

年配の方ですが時々このようなやり取りになります(初めからお願いすべきでなかったと頼んだ自分の甘さに腹が立った本日です)

会社務めの経験がない方故このようなスタイルで通ってきた方の様です。

物事を断る時の大原則

① なるべく早くその由を伝える事。

② 人のせいにせず自分の意見で伝える事

③ 代用案を用意しておいたならベスト

これは新入社員教育の第一日目にレクチャーされます項目です、自分も今日の一件を機会に相手様に失礼は無いかもう一度考えた見ようと思いました。

数年前にもこの方とのやり取りに同じ事があったんだとハッと思い出しました、それを忘れていた自分が悪い!

まぁキャンセルして貰ったおかげで他の人の優しさに感謝することが出来ました、ラッキーですwink​​​​​​

何時も穏やかにいらっしゃる方が話してくれました。

「今日起きた事は貴女にとってきっと一番ベストな事だったんですよ!もうその方との距離をきちんと取る事を学べたではありませんか?その方と離れるチャンスだったのかもしれませんよ」

その一言で気分が変わりました( ^ω^)・・・

約束は守れる人間で居たいものです、どうしても守れない時には嘘はつかない誤魔化さない、これだけは守って行こうと心に誓った一日でした。