BLOG

2週間ぶりの再会

2020/08/24
ロゴ

母を2週間、ショートステイにお願いしました今回の私の入院手術。

2週間ぶりに家に戻りました母は少し記憶障害が進み少し体が小さくなって居ました。

三角巾を使って左手を固定吊り下げしている私の姿を見ても何の反応もなく「お腹空いたから何か美味しいもの頂戴」・・・・・

屈託ない笑顔で話す姿は3歳児です

「今、私は手術を受けたばかりだから左手が上手く動かないの、家の事を手伝ってもらえるとありがたいんだけれど頼める?」

と話す事数十回、憶えていてはくれません😢

ご飯の用意を母に手伝ってもらう事は難しいな、と思っていても一縷の望みを抱いていた私です・・・期待しちゃいかん(# ゚Д゚)

見事に私の望みは打ち砕かれました😟

大好きなお菓子とお茶を頂く時の母の笑顔はカワ(・∀・)イイ!!

でも仕事を頼んだ時に「そんなの知んない!」と却下して来る時の母は憎らしくなる(; ・`д・´)

夕飯は冷凍食品を電子レンジで温めたもので申し訳ないなと心の中で手を合わせて謝ります。

しかし食べ終わって1分後「今夜はまだご飯にならないの?」の一言が来れば気持ちは沈んで(;´д`)泣きたくなる。

お風呂は一緒に入る事が難しいので浴室のドアを開けたまま脱衣所の私は椅子に会わって母に掛け声をかける事にしました。

湯舟でシャンプーのボトルの中身を全部入れてしまい私が立ち上がった時にはすでに遅し・・・

バブルバスになりました😿

髪を洗う事が半年前から億劫になって来た母は自分では洗いたくありません。

右手だけで私が洗う事でこの問題はクリア、明日のデイサービスで髪を洗ってもらう事をお願い出来て良かったとホッとする!(^^)!

🌃のお仕事、牛乳を飲まなくては布団に入らない母(今回ショートステイでは宅配の牛乳屋さんに届けて貰い職員さんに就寝前に牛乳を飲むように介助して貰いました)

布団を敷く事を手伝ってもらえるかなぁ❓と期待しましたがこちらも沈没。

手術を受けた手が左手で本当に良かったと思います、右手だったら・・・母にはもう少しショートステイにお願いするほかありませんでした。

2週間離れていて帰ったらあれをしてこれをして母を喜ばせたい・・・と思っていた筈なのにちっとも優しく出来ない自分がここにいて自己嫌悪です😢