BLOG

腕を吊り下げるベルト作成

2020/08/29
ロゴ

三角巾が鬱陶しく感じてきました。

これはもう三角巾なしで腕を使えと言う事か❓

午前中左腕をフリーにしてどれ位動くか、物にぶつからないで済むか試してみる。

自力での挙手は昨日よりは上がります15㎝クリア!

さてmy左腕、身体から遅れてついてくるのです。テレビで衛星中継します時に微妙に言葉が後から付いてくる、あの感じです。

身体が先に移動して後から付いてくる左腕はあっちこっちにぶつかり感覚が鈍い分痛みを感じない事が良くない✖

さっきお風呂に入りながらチェックすれば黒なじみ(内出血)の跡が数か所あり。

抓っても痛みを感じるまで少々時間が掛かります左腕前肢。もうしばらく身体に固定するようにバンドを使います。

夏用の編み糸が余って居ましたので手先のリハビリを兼ねてベルトを編んでみました。1回目は少し窮屈、二回目は間延び気味。

3回目にしてやっとフイットするベルトが編めた所です。

脳出血の後遺症で身体にマヒが残った方は自分の身体であるのに違う物体がくっ付いている感じですと仰います。

自分の左腕が思うように動いてくれない今日、初めてその不自由なお気持ちが解かりました。

思うがままに動いてくれます四肢はどれ位生活の質を高品質で保ってくれていることかを今回初めて感じました。

外部からの刺激を痛みとして受け止める事が生命を守る情報キャッチと言う事も理解できた自分です。

痛みはストレスになります、疼痛と闘っている方のお気持ちも理解出来ました。

そして痛みを感じない怖さも今体験しています。

体表感覚が戻らなければ筋肉の回復が足踏みになります、感覚神経を元に戻すために今すべきことを勉強して来ます❣