BLOG

父の祥月命日墓参り

2020/09/29
ロゴ

5年前に亡くなった父の祥月命日にお墓参りに行って来ました。

9月終わりの日光市は少し気の早い楓がうっすら色付き始め秋が始まる事を告げていた本日です。

父が亡くなってまる5年が経つのに父の死をきちんと消化できずにいる思いです・・・

ご住職に読経して貰い塔婆を上げ祥月命日の供養を済ませました。

母の中では父はまだ生きて居て父の祖父の供養をしたと思い込んでいました、お坊さんは話をただ聞いてくれて「ご先祖様が喜んで居らっしゃいますよ」と母に声を掛けてくれた本日です。

父が生きて居る事になって居る事が母にとって幸せならそれでいいと思う様になりました・・・

「さっきまでそこにいたからちょっと出かけてんだと思うよ」これが近頃の母です。きっと父は母が心配で傍に居てくれるんだと思います

母にしかわからない父の存在を否定することは出来ません。

お墓参りの後母の生まれた家(塩谷郡塩谷町船生)に立ち寄って母の姉(92歳)と母の甥っ子と話をして来ました。

昔の事は完璧に覚えている母の姉、母は昔の事も怪しくなりました😿それでも思い出話に花が咲きあっという間に時間が過ぎた一日です。

車の助手席が大好きな母は疲れた様子も見せずおやつを食べ続けた道中ですcheeky

来年も祥月命日に供養しに行こうね、おばば!