BLOG

ワンちゃん、飼いたいなぁ・・・

2020/10/20
ロゴ

7カ月ぶりに再会したシーズ犬(12歳)が母と私を忘れないで居てくれました\(^o^)/

名前を読んだとたんに尻尾がちぎれてしまうのではないかと心配になるくらいにプルプル尻尾とリードが切れてしまいそうなくらいにダッシュしてきてくれたんです。

可愛いなぁ~

おばばは自分のワンちゃんだと思っています、「どこに行って居たの!心配かけて!」と抱き上げて本気で叱っています。

飼い主さんも苦笑いしてしばらく母にワンちゃんを貸してくれました(引き離すのに難儀でした)

ワンちゃんを飼ったなら毎日の朝晩のお仕事が待っています。

おしっこ➡我慢しな!

ご飯➡後で!

私のスタイルではワンちゃんを育てるのはこれは悲劇につながるでしょう・・・大変さと可愛さを天秤にかけて可愛さの方に傾いた時に家族としてお迎えすることがベストでっすよ!とワンちゃんを飼っていらしゃる方のアドバイスでした。

一瞬の可愛さだけでワンちゃんは飼ってはならない!

このコロナ禍の中でペットを飼う方がとても増えたそうです、それに伴って一度家族に向かえいらた後返品される方が驚くほど多いんだそうです。

その理由が・・・

夜中鳴いて眠れない。ペットショップでは良い子だったのに家に来たとたんにやんちゃすぎて手に負えない。 極めつけ・・・おしっことウンチをした。

これはあまりにもひどいです。

ワンちゃんのお仕事はご飯を食べてお散歩に連れて行ってもらって帰ってきたら眠る・・・

ワンちゃん三大お仕事です(∀`*ゞ)

この三大仕事を優しく温かく見守り続けて行く事が出来る人が飼い主さんになれる方です。

私にはその資格がないです😿

生きて居るから食事を摂って排泄する事を今回の話を聞き勉強させ貰いました🙇

もしワンちゃんを飼えることが叶うならば、私が家族になって欲しいワンちゃんはシベリアンハスキー犬です。

スタイルがもの凄くカッコイイ!

物凄くフレンドリーで集団行動を取るスペシャリストとの事、但し一つ難点があるんだそうです。

方向音痴のハスキー犬、もしおばばの散歩をお願いしたなら二人まとめて捜索願を出さなくてはならないと思います。

そりを引かせたなら右に出るワンちゃんはいないと聞きましたそんなハスキー犬が方向音痴だなんて・・・

我が家にとっては致命傷レベルですcrying

でも・・・飼いたいなぁ・・・