BLOG

栃木県の塩谷町船生へ行って来ました

2020/11/27
ロゴ

母が生まれた栃木県塩谷町の船生という街に母の母(私の祖母)の祥月命日のあ線香あげに行って来ました。

東北高速道はまだ紅葉の綺麗な所もありお天気がもう少し良ければ色が綺麗だったろうなぁ・・・残念。

毎年11月29日の祥月命日までに船生に母を連れて行くのですが2年前から祖母はまだ生きて居る事になっていて曾祖母のお墓参りに行って来た事になって居るんです😿

今までは母のそんな姿を何とか誤魔化してきたのですが今回は・・・誤魔化し切れず母の姉92歳に私が慰められて帰って来ました。

「死んだばぁちゃんとおんなじにお母ちゃんがなっちゃったんだなぁ・・・教子、悪いな世話掛けるなぁ、かんべんしてくれな・・・」

涙が溢れて来て伯母ちゃんの背中を擦るしか出来ませんでした。

母の姉は祖母を最後まで自宅で看取った方です。まだそんなに年を取る前から母と同じ症状があったそうです。

20年近く祖母の介護をしてくれた伯母ちゃんにただただ感謝です。

母は伯母ちゃんを自分の母親と思い込んでずーっと話をしていました。母に合わせてくれるおばちゃんの優しさに感謝です。帰りの車の中「ばあちゃんを教子の所に引き取っても良いか?」と何度も繰り返す母。

「もちろんだよ、この次用意して迎えに来ようね」と答えれば泣き出した母・・・

母は自分の母が大好きで今でも大切にしたいと思っています・・・

私には持っていない優しさなんだと気がついたとたんに涙が溢れて車の運転が出来ませんでした。

家について「船生に行ってこられて良かったね❣」と話せば「私は行かなかった」との返事

あ~ぁこんなもんですか😰