BLOG

おばば初カラーリング

2021/01/12
ロゴ

85歳おばばは新陳代謝が良いのか髪が私よりも早く伸びます( ^ω^)

3週間に一度のカラーリングではこめかみ部分の白髪がちょっと気になってしまう位です。今回はお正月の第一週に重なってしまい4週目になってしまったカラーリングです。

この前染めた日が何月何日だったのかどこの美容室で染めたのかも記憶にはない母ですが鏡を見て白髪が気になりだせば四六時中「髪を染める」「美容室に連れてって」攻撃が始まり私が根負けするパターンです。

一度美容室に連れて行かず市販の白髪染めで私が染めた時、母のお気に召さず険悪な日々になりました。それ以来プロの方にお願いしています(私は昔、視神経の病気をしています為髪を染める事が出来ないんです( ;∀;)染めたことが無い人間が他の人の白髪染を出来る筈がありません😿

髪を染めて貰って気分良く居てくれるのは1時間位でしょうか❓

家に戻れば髪を染めた事は母の記憶にありません…😢

鏡を見た時に白髪が見えなくなりましたら美容室連れて行け攻撃が無くなるだけです😟髪を染めた後のケアも母の中にはありません、3週間しかカラーリングが持たないのもここに原因ありでしょうか?

髪を染めて貰って居る時に写真を数枚取って置きます(直ぐに忘れてしまう母に証拠物件として見せるためです)忘れてしまっても何とか思い出してくれたなら、その努力をしてくくれるなら・・・と思うのですが段々不毛の努力だと思い知らされるようになりました。

母の姉は92歳で綺麗な銀髪です、母にも銀髪になって欲しいなぁと思うのですが「白髪は嫌!」これだけは譲っては貰えない様です。

大好きな美容室に行った事だけで良いから・・・憶えていて欲しいです😿

の寒さも厳しかったので母にも使い捨てカイロを私と同じ様に大腿部に貼ってみた所・・・暑くていられない!と汗びっしょりになった姿に私より基礎代謝が300Kcal高い事を思い出し慌てて使い捨てカイロを剥がしました。

年寄りは体温が低いと言う言葉は85歳おばばには当てはまらないと一人納得した一日です。