BLOG

手当の意味をご存知ですか?

2021/04/17
ロゴ

人間の知られざる力に「手当」があります。

何処か不調になって居る身体の場所に自然と手が行って居る事ってありませんか❓

今日自分は左の後頭部に偏頭痛が起きて無意識に手を当てて居た一日です・・・昨日の午後から何か左後頭部が気になって居て気がつけば手を当てて居た事を思い出し「ああ、きっと身体は痛みが起きる事を教えてくれていたんだなぁ・・」と不思議な気持ちになって居ます。

お腹が痛い時、腰が痛い時、手の平を痛む箇所に当てるのは誰に教えて貰わなくても誰もが自然とする仕草だと思います。

整体師の仲間ではこの無意識に手を当てる事が最強のセルフケアと言い切る先生もいるほどこの効果は侮れません。

自分で出来る一番優しい治療法を一つお伝えします。

大きく動く関節を例にしましょうか?

首を左右に倒してみて下さい、倒れにくい感じがきっと片方にあると思います。

動きにくい方(たいてい痛みを伴なう側)に手を置いて遠くを見るイメージを持って下さい、例えるなら遠くの水平線のイメージが良いかと思います。

遠くに見える水平線をぼんやり見る感じで2分間そのまま手を当て続けます。自分の手のひらがここにあるぞ!と感じる位のソフトタッチが良いかも!

自分の手のひらの温かさを感じたならOK!です。

もう一度首を左右に動かしてセルフケア前と後とを比較してみて下さい、動き方に変化が感じられたなら自分で自分を治療出来た証です(∩´∀`)∩

膝が痛いとき、一度この手当を試してみて下さい。自分の手を当たるだけで他には何もしません。

一番安全で確実なセルフ整体です。

今夜布団に入った時と次の日の朝目覚めた時、布団から出ずに身体のパーツを気になる所に2分間、手当て意識は10キロ先に見える海原と船イメージします。

そして深呼吸を3回繰り返せばさっきまでの辛さが大きな変化を伴なっていることに気がつきます。

一度試した見て下さい🙇