BLOG

絶滅危惧種のオオクワガタ!

2021/05/03
体長12センチのオオクワガタ

茨城県五霞町にあります道の駅で絶滅危惧種のオオクワガタを見つけました。私が子供の頃は山に行けばオオクワガタは大小問わず沢山捕まえる事が出来ました(´∀`*)

山学校が得意でした自分です。蓋つきの瓶をもって山に行けば重いくらいオニ虫を取る事は当たり前の時代でした。

今、オオクワガタは絶滅危惧種に属するんだそうです、おじいちゃんが瓶に入れて販売していたオオクワガタ、3000円から大きさによって値段が変わるそうです。

東京の専門店では10センチを超えるオオクワガタは3万円を超えると聞きました。今日見せて貰ったオオクワガタは体長12センチくらい、1万円と言う事でした。

私の中ではオニ虫は山で捕る物で買う物ではない!

暫くオニ虫を販売していたおじいちゃんと話して五霞道の駅を後にしました。

86歳おばばも弁慶(栃木県ではオニ虫を弁慶と義経と呼んで区別していましたので母にもその呼び名が当たり前の様です)が何で1万もするんだ!とお怒りモード、そうですオニ虫は山で捕まえる物なんです(*´σー`)

クワガタはその角の曲線が素敵なんです、でも昆虫の命は儚くペットと呼んでよい物か否か・・・

ペットではなく観賞用なのかもしれません。

昔を思い出させてくれる一時でした。