BLOG

胃切除術を受けた方・・・梅雨時期のワンポイント

2021/06/17
ロゴ

いよいよ梅雨らしい高温多湿の気候になって来ました☔

今日の幸手は朝パラパラ雨➡日中どんより曇➡夕方から雨☂

気温が上がれば上がるほどその後には土砂降りの雨が舞っているようです。

ここ2~3年の間に胃切除術を受けられた方に一言伝えたいです。

舌👅がチリチリしたような感覚はありませんか?熱いラーメンを食べた後の様な感じと訴える方が増えてきました。

今日はそういった症状を訴えている方と耳鼻咽喉科に行ってきました。

舌や口腔内に問題が無い場合には亜鉛不足を疑うそうです。

亜鉛不足と聞きますと味覚異常と思っていましたが舌の痺れ感の方が先に出る症状だそうです、この痺れ感を放っておくと味が解らなくなる味覚異常障害へと進行するようで、痺れ感のうちに治療を始めれば数週間で改善されるそうです。

胃を切除する病気になった方は亜鉛の吸収率がガクンと下がるため常日頃からレバーや貝類、胡麻、海藻類を意識して取る事が大切。それでも舌の感じがいつもと違うかな❓と感じた時には耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。

舌の痺れを訴えて耳鼻咽喉科で診てもらった方は亜鉛不足との診断で3週間分の亜鉛処方薬を出してもらいました、3週間たっても症状が改善されなかったらまた来てください、大丈夫だったら3か月後。

と緩やかな診断でした(∩´∀`)

私は亜鉛不足予防にタピオカを食べています、タピオカの原料はキャッサバという芋です、このキャッサバは亜鉛が多く含んでいて日本人にはそのままキャッサバを食べるとお腹が緩くなる方も多いです。皮をむいて一晩水に晒した後に炭火で焼き塩を振ってレモンを絞ってかけるのが私の大好きな食べ方!

キャッサバを原料にしたタピオカでしたら効果が期待できそうです。乾燥タピオカを茹でてココナッツミルクと一緒にいただくのも美味しいです。

乾燥タピオカを茹でその中に砂糖とレモンジュースを加え冷蔵庫で冷やせば「レモンセイゴ」と言うゼリーになります(これもお勧め!)

時々こんなタピオカを頂くのも良いと思います。

梅雨時期は一年の中で一番亜鉛不足患者が増える時期なんだとか、明日さっそく作ってみて下さい。身体が喜ぶはず・・・と思いたいです。