BLOG

母、発熱・・・救急外来に駆け込む

2021/08/18
ロゴ

夕ご飯を済ませお風呂に入ろうと母の着替えをすれば体が熱い😲

熱を測れば37.6度、手術跡に触れれば手にべっとり血膿が付きその部分も火のように熱い!

久喜総合病院の救急外来にTEL、症状を伝えればすぐに来てくださいとのこと。

車を走らせ15分で着く。発熱外来に回されコロナ感染を始めに疑い担当の先生に今までの経緯を話しカルテと照合してもらえばすぐに脳外科の先生を呼んでくれました。

感染が起きていてCT検査MRI検査血液検査を次々に行ってもらう。骨の所まで化膿していてもしかしたら手術部分にも感染が疑われる兆候ありとの事。

抗生剤を点滴で入れ化膿している部分を切開しデブリ洗浄投薬・・・

一昨日受診したときには心配いらないから自宅で経過観察との事だったじゃないですか(# ゚Д゚)

頭が痛いと訴えても認知症があるから言っていることが本当かそうでないか解らないとCT検査しかしてくれなかったことを訴えても始まりません😢

本当は入院させたい状態だそうです、でも・・・入院困難の文字が母のカルテには書かれていて今夜担当してくれた先生も「ご自宅で経過を見て何かあったらまた来てください」です😢

「大丈夫なんですか❓、家に戻って本当に大丈夫なんですか❓」と食い下がってもコロナ感染者が多いのでご自宅の方が安全かと思いますと言われればもう帰ってくるほかありません・・・

髪をとかすことが唯一の仕事である母はガーゼの上からブラシを当てることをやめません、どんなに良い治療を施してもらっても悪い結果になることは想像できます。傷の周りの髪を全部切り防水テープで止めました。

AM1:30帰宅、薬のせいでウツウツしていた母はこのまま眠ってくれるかと思えばベッドが変わったせいなのか寝ることを拒否。

パジャマを着ては脱ぎ縫いでは着ることを繰り返しています朝まで眠ってくれたなら切開した痛みも変わるのに…😢

切開したことも病院に行ったことも覚えていない母に何十回同じことを言っても理解は出来ず傷に触っては痛いと騒ぎます、あと少しパジャマの脱ぎ着を続ければきっと眠くなってくれる・・・それまで辛抱して付き合います。

ただいまAM3:05、まだパジャマ仕事は続いています😿