BLOG

素敵なご兄弟のお話をします

2021/10/21
ロゴ

お兄様が脳内疾患で倒れ要介護4の認定を受け、弟さんが仕事をやめ介護に専念された居る方がいます。

私より少し年上の方なのですがその介護の素晴らしい事・・・敬服しています。

話すことも自力歩行することも難しいお兄様を励まし丁寧な本当にプロの介護職員顔負けのお世話をされている弟さんと初めて出会ったのは2年前の農協主催のコンサートでした。

同じテーブルに座り私は母の介助をしていてその方はお兄様の介助をしていたのがきっかけでとこ時お話しするようになりました。

会うたびにお互いの介護状況の報告と新しい発見、こうすると介護が楽になるポイントや注意点の情報交換。

ご自身の方が私の何倍も大変な状況なのにいつもこちらを気遣ってくれます。

お兄様がいたから自分が大学に行けた事をいつも感謝している、出来る限り傍で見ていたいと仰います。

返事が出来ないお兄様に対し常に言葉をかけ目の動きや顔の小さな表情変化を見逃さずお兄様がして欲しいだろうことを全て先回りしての介護です。

私にはとてもできる事ではありません🙇

今日、私の携帯に着信履歴がありコールバックしても繋がらず「もしかして何かあったのでは❓」と伺ったところお二人とも無事でほっと胸をなでおろした次第です。(携帯を変えたため繋がらなかったとの事でした(*^-^*)

近況報告し合う中で「お母さんに何か問題が起きた時にはすぐに電話をください」とありがたい言葉を頂きました( ;∀;)

嬉しいです・・・私の何倍も介護疲れがある筈なのに人に優しくできるこのご兄弟を心から尊敬します🙇🙇🙇

この方と話するたびに私は元気を貰えるんです。

人に力を分け与えられる方こそが本当に優しい人だと感じた一日でした。